父の死後、自分の置かれた立場を考え呆然とした

鳥取市の地域文化活動にも尽力内科医であった父が民藝館長をしていましたが、平成2年に他界。民藝関係の仕事を私が引き継ぎました。

それまで歯科の仕事だけを考えてきた私の生活は一変しました。また祖父の築いてきた事業の大きさとそれを1人で引き継いだ父の苦労がわかり、自分の置かれた立場を考え呆然とする時期もありました。

診療時間の長い歯科医師の仕事と両立させることは、受け継いだ当初は困難に思ったこともありましたが、現在では地域の有志の方々と一緒になって運営をさせていただいております。すべて無給の文化活動です。医院とは直接の関係はありませんが、関係者の方々からは院長より館長と呼ばれ、親しくさせていただいております。

まずは、お悩みをご相談ください

ご予約はこちら 初診の方はこちら 通院中の方はこちら 予約受付について