予防歯科

自分の歯を長もちさせるために、定期検診は欠かせません。早期のうちにむし歯や歯周病を発見してしまえば、簡単な治療で終えることが可能です。定期検診時に行っているクリーニングは、途中で寝てしまう人が出るほど痛みもなく、終わったあとにはお口の中がさっぱりするのでとても気持ちの良いものです。マッサージや美容室に行く感覚で、お気軽にお越しください。

予防歯科

当院では、1~6か月に一度の定期検診をお勧めしています。治療後の再発防止、むし歯や歯周病の早期発見には、定期検診は欠かせません。

ぜひご利用いただきたい定期検診時に行っている歯のクリーニングは、日常のブラッシングでは落としきれない歯垢や歯石を取り除くので、見違えるようにきれいで爽快な気分を味わっていただけます。

歯科関係者も通う歯科医院
当院の自慢は、歯科関係者の方も定期検診をご利用いただいていることです。当院の予防歯科に対する熱意や確実さが、プロの方々に伝わっているのだと感じています。

スタッフ一同「健康とお口の美しさ」を守るために、全力でアドバイスとバックアップをいたします。

当院の定期検診の特徴

専任衛生士制当院の定期検診の特徴
お口の状態を管理するのは専任衛生士なので安心です。定期検診の時期についても専任衛生士が把握して、ハガキかメールでお知らせをしています。

お口の健康手帳
当院では、無料でお口の健康手帳を作成し、ご自身のお口の中の状態を把握してもらっています。お子さまの場合には、お口の健康手帳にご褒美シールを貼ります。小さいうちから自分のお口の中の健康に目を向けるきっかけになればと考えています。

定期検診の内容

定期検診の内容1. 治療後の経過確認、むし歯や歯周病のチェック

2. 歯みがきで不十分なところを指摘し、ブラッシングを指導

3. 歯垢や歯石、着色の除去などプロの手によるクリーニング(PMTC)

4. フッ素塗布などでむし歯予防(希望者のみ)

5. お口の中の状態のご説明、歯に関する相談など

プロの手でお口の中をサッパリと~PMTC

 PMTC PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯科衛生士が行う歯のクリーニングです。専門のクリーニング機器を使用して、日常的なブラッシングでは落としきれない汚れを除去します。痛みはなく、むし歯や歯周病の予防のほか、着色や汚れの除去、口臭の改善などにも効果的です。

クリーニングのあとは、お口の中が驚くほどさっぱりして爽快な気分になります。また、新しい着色や汚れやプラークも付きにくくなります。

当院では患者さま担当の歯科衛生士がお口の健康を管理するので、その都度変わる噛み合わせやブラッシングの癖なども的確に説明させていただきます。

PMTCの手順
【STEP1】歯みがきをしてもらったあと、特殊な薬品を使ってプラークを染め上げ、磨き残しをチェックします。ブラッシング指導を行いながら、きれいにプラークを除去します。
次へ
【STEP2】特殊な器具を使い、歯の表面や歯と歯の間、歯周ポケットのバイオフィルムを清掃します。
次へ
【STEP3】スケーリングで歯と歯ぐきの境目や、歯周ポケットに付着した歯石を取り除きます。

●スケーリング
歯肉や歯周ポケットから、歯垢や歯石などを除去する方法です。超音波を使用して、毎日の歯みがきでは取り切れない石灰化した歯石まで簡単に除去。保険適用内の治療です。

当院自慢の衛生士

当院自慢の衛生士患者さまに専任衛生士がつき、お口の中の健康を管理しています。歯科医院が苦手なお子さまとも上手に会話ができ、患者さまの緊張をほぐせる優しい対応や、寝てしまう患者さまも多いほど気持ちの良い、丁寧で心地よい治療が当院の自慢です。

歯を強くしてむし歯に備える~フッ素塗布

まだ柔らかくて傷が付きやすい状態の生えたての永久歯にフッ素塗布をすると、次のような効果があります。

●歯質の強化
歯のエナメル質を硬くし、むし歯菌が作り出す酸に負けない強い歯を作ります。

●歯の再石灰化
酸が溶かしたむし歯部分をもとに戻す、唾液の再石灰化作用を促します。

●細菌の活動を抑制
むし歯菌の活動を抑え、歯を溶かしてしまう酸の量を抑制します。

フッ素塗布フッ素塗布

永久歯に生え変わる1年間に、1か月に1回ずつ徹底したフッ素塗布をすることで歯質を強化でき、むし歯予防に大変効果があります。

このほかにも、ご家庭で行う「ミラノール」でのフッ素洗口法(うがい)があります。私たち専門家の指導のもと、ご家庭で行っていただきます。

年齢別によるフッ素塗布の時期と治療回数
以下の表は、当院が推奨する、年齢別のフッ素塗布の時期と治療回数の表です。たとえばご兄弟で通院される場合も、年齢によって時期や回数が異なりますので、ご予約の際の参考になさってください。

<年齢別によるフッ素塗布の時期と治療内容(回数)>
年齢 歯列時期 ○か月毎 通院回数 費用(税込)
乳幼児 乳歯時期 3か月毎 週に1度を3回 1回1,080円
小1~小2頃 6歳臼歯崩出期 1年間 毎月1回 1回1,080円
小2~小6頃 乳歯と永久歯
混合歯列期
3か月毎 週に1度を3回 1回1,080円
小5~小6頃 永久歯列期 1年間 毎月1回 1回1,080円
中1~中3頃 第2大臼歯崩出期 1年間 毎月1回 1回1,080円

奥歯にはシーラント(予防充填処置)を

シーラント奥歯には溝があり、むし歯ができやすいところです。この溝をシーラントでガードすることで、むし歯を予防できます。保険適用内の治療方法です。はがれてしまうこともあるので、定期的に検診する必要があります。

これらは初期のむし歯治療としても行われている方法です。フッ素塗布やシーラントを行ったからといって、必ずしもむし歯ができなくなるわけではありませんので、日常のケアもしっかり行いましょう。

まずは、お悩みをご相談ください

ご予約はこちら 初診の方はこちら 通院中の方はこちら 予約受付について