むし歯の進行

むし歯の進行には5段階あり、その状態によって治療方法も変わります。自分のむし歯がどの状態にあるのかを意識して、日々のケアをしていきましょう。

【CO】:脱灰Co
症状:歯の表面部分のむし歯。痛みもなく、定期検診でなければ発見は難しい。
治療方法:毎日のブラッシングで対処可能です。ブラッシング指導を受けるほか、むし歯抑制効果のあるフッ素塗布なども効果的です。

【C1】:エナメル質のむし歯C1
症状:歯の表面にあるエナメル質が溶けて、歯の表面が白く濁ったり、茶色などに変色してざらついたりする。まだ痛みもなく、穴も開いていない。
治療方法:むし歯部分を削らないで、シーラントという歯科用プラスチックセメントを詰めます。

【C2】:象牙質のむし歯C2
症状:エナメル質の下にある象牙質にまでむし歯が達して穴があいている状態。冷たいものや甘いものがしみるなど、痛みを感じる。
治療方法:むし歯部分を削って、詰め物や部分的な被せ物をします。

【C3】:神経のむし歯C3
症状:歯の神経までむし歯が達してしまった状態。温かいものがしみ、食べ物を噛んだときに痛みを感じる。炎症を起こすと痛みは激しくなる。放置すると神経が壊死し化膿してしまう。
治療方法:根管治療を行います。歯の根の中の治療をし、炎症が治まったら被せ物をします。歯の神経を抜くと歯の寿命が一気に短くなってしまうので、ここまでひどくなる前に治療を受けましょう。

【C4】:歯根のむし歯C4
症状:歯が崩れて、根っこだけが残った状態。神経が死んでいるので痛みがない場合もあるが、放置してしまうと歯周組織の破壊が進み、最悪の場合には抜歯が必要。
治療方法:根管治療を行いますが、進行状態によっては外科手術で抜歯をすることもあります。

まずは、お悩みをご相談ください

ご予約はこちら 初診の方はこちら 通院中の方はこちら 予約受付について