歯周病の進行と基本的な対策

健康な歯周組織歯周病の進行
歯ぐきは薄いピンク色です。歯周ポケットも深くありません。

対策: 3~6か月に一度は定期検診を受け、健康な状態を保ちましょう。

軽度歯周炎歯周病の進行
歯ぐきに炎症が起きて、色が赤みを帯びてきます。歯周ポケットも深くなり、歯を支える骨に影響が出てきます。

対策:3か月に一度は定期検診を受け、歯周ポケットの中の汚れを取り除きましょう。併せて毎日のブラッシングでも改善を図ります。

中等度歯周炎歯周病の進行
「歯ぐきが腫れる」「血が出る」などの自覚症状が出る頃です。歯を支える骨への影響も強くなり、指で押すと歯が動くようになります。

対策:1~3か月に一度は定期検診に来て、バイオフィルムを取り除きましょう。

日常のケアでは、ブラッシングだけでなく塗り薬も使用します。場合によっては歯周外科処置が必要です。この段階であれば、時間はかかりますが治癒は可能です。治療後には定期検診をしっかり受けて、再発を防ぎましょう。

重度歯周炎歯周病の進行
歯ぐきが定期的に腫れ、かなり痩せてしまいます。痛みもひどく、歯が自然に抜けてしまうこともあります。

対策:ここまで進んでしまったら、治癒はとても困難です。医院でのバイオフィルムの除去を定期的に行い、自宅ではブラッシングや塗り薬などのケアをしっかりして、進行を食い止めましょう。歯周外科手術で歯の保存を目指しますが、残念ながら抜歯が必要となる場合もあります。

まずは、お悩みをご相談ください

ご予約はこちら 初診の方はこちら 通院中の方はこちら 予約受付について