歯周病治療

最初は自覚症状も少なく、じわじわと歯ぐきや歯を支える骨をむしばむ歯周病。当院では治療だけではなく、定期的なメンテナンスで再発の予防を重視しています。ご家庭での予防や治療方法についても詳しく説明いたしますので、一度ご相談ください。

院長あいさつ

歯と歯ぐきの間には、歯周ポケットという隙間があります。その隙間にプラークが付着してバイオフィルムができます。これが歯周組織の中で感染症を引き起こしたものが歯周病です。プラーク1mg(耳かき1杯分ぐらい)に、原因菌は30~40億個存在します。

歯周病は、歯ぐきだけではなく歯を支える骨にも悪影響を与えるので、症状が進行すると歯を失う原因にもなる怖い病気です。歯周病は、一度症状が進むと日々のケアだけで症状の改善はできません。

「歯ぐきが腫れる」、「血や膿が出る」などの自覚症状が出たら、かなり進行してしまっている状態です。そうなる前に定期的に検査を受けて、早期発見に努めましょう。

まずは、お悩みをご相談ください

ご予約はこちら 初診の方はこちら 通院中の方はこちら 予約受付について