歯ぎしりの原因

歯ぎしり一説によると日本人の9割以上が何らかの歯ぎしりをしていると言われていますが、はっきりとした原因は未だに解明されていません。

歯ぎしりは、噛み合わせのずれや噛む筋肉の動きの異常、精神的ストレスなどが組み合わさって起こるという説もありますが、噛み合わせと歯ぎしりを結びつける科学的な根拠はなく、現在では噛み合わせとの関連性はほぼ否定されています。

最も有力なのは、ストレスによるものです。就寝前に何かリラックスするようなことをしたり、安定剤を服用したりすることで歯ぎしりが治まるケースも見受けられます。

子どもの場合は歯の生え変わりや骨の発育など、成長過程で歯ぎしりをするケースも多く、ほとんどの場合が自然に治ります。

まずは、お悩みをご相談ください

ご予約はこちら 初診の方はこちら 通院中の方はこちら 予約受付について