歯ぎしり(ブラキシズム)とは

歯ぎしりとは、睡眠中の浅い眠りのときに歯と歯を強くこすりあわせてキリキリと異常な音を発する症状のことです。専門用語では「ブラキシズム」と呼ばれます。

歯ぎしり

睡眠中、知らず知らずのうちにしている「歯ぎしり」。朝起きたときにあごがだるかったり疲労を感じたりする人は、歯ぎしりをしている可能性が高いでしょう。

歯ぎしりは口腔異常習癖の一種ですが、一般的な歯ぎしりのイメージは、上下の歯を擦り合わせて音を立てることではないでしょうか。しかし、歯ぎしりにもさまざまなタイプがあり、専門的には大きく3つの種類に分けられます。

歯ぎしりの種類
歯ぎしり●グラインディング
「ギリギリ」と音をたてて、強く歯をこすり合わせる歯ぎしりです。歯ぎしりでお悩みの方に多いのがこのタイプです。

歯ぎしり●クレンチング
歯を強く食いしばるタイプの歯ぎしりです。音が出ないので他人にはわからず、本人もなかなか気づきにくいのが特徴です。

歯ぎしり●タッピング
歯を上下に連続的に速くカチカチと噛み合わせるタイプの歯ぎしりです。歯ぎしりの中では稀なタイプです。

歯ぎしりが及ぼす悪影響
・歯が折れる、すり減る
・歯の根の破折
・被せ物や詰め物が外れる、割れる
・義歯が割れる
・歯周病の悪化
・顎関節症の悪化
・肩こり、腰痛、偏頭痛、あごの疲れ、目の奥の痛みなどの体調不良
・横で寝ている人の迷惑になることがある
・睡眠時無呼吸症候群との関連性が指摘されている

まずは、お悩みをご相談ください

ご予約はこちら 初診の方はこちら 通院中の方はこちら 予約受付について