ホワイトニングの種類

① オフィスホワイトニング
歯科医院で施行します。患者様の歯列に合わせたカスタムトレー(マウスピース)に過酸化水素とチタンをまぜた薬液を入れ、LEDの光で活性化させ漂白します。

35%など高濃度の過酸化水素はホワイトニング効果は高いですが、エナメル質の薄い日本人では、知覚過敏症が起こりやすいリスクがあります。
当院ではその為チタンを混ぜ、発熱の少ない歯の神経に影響の少ない波長のLEDの機器で施術します。

上下1回で7分と短時間で完了です。
オフィスホワイトニング単独ではホワイトニング効果はやや劣ります。

② ホームホワイトニング
ホームホワイトニング患者様に合わせたカスタムトレーを作製します。

薬液ジェルは11%と16%の過酸化尿素のジェルを使用します。安全な薬液で患者様がご自宅で使用できます。分解後過酸化水素として3%から5%位の効果が出ます。夜間8時間位を目安に使用します。

時間×濃度がホワイトニングの効果として現れます。

知覚過敏はオフィスホワイトニングに比較して発現しにくいですが、もし起きたときは日を休みながら継続すれば、2、3日で回復し、慣れてきます。

単独で行なう場合、時間がかかります。

③ ダブルホワイトニング(デュアルホワイトニング)
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせた施術です。
オフイスホワイトニングを医院で施術後、ホームホワイトニングをご自宅で行ないます。

<標準のパターン>
オフィスホワイトニング 1回目
次へ
最初は11%過酸化尿素ジェルで1週間
次へ
オフイスホワイトニング2回目 
次へ
ホームホワイトニング16%過酸化尿素ジェル1週間

最も効果が高く、時間的にも短縮されるメリットが望めます。

④ インターナルブリーチ(ウォーキングブリーチ)
神経のない歯に適応する漂白方法です。壊死したり、神経を取った歯の内部の象牙質の代謝がなく、血液循環が無くなりコラーゲンなどの劣化などが原因となり変色します。通常の着色と違います。
歯の表面のエナメル質に過酸化水素、過酸化尿素を塗布しても効果は出ません。

歯の裏側から内部に薬剤を充填するウォーキングブリーチという方法があります。1週間薬剤を歯の中に入れたままにしておくため、ガスが発生し内圧が高まり、歯の表面の亀裂、歯根周囲の骨の炎症などのトラブルのリスクがあります。

そこで、インターナルブリーチというオフイスホワイトニングの治療法を応用し、医院での施術時間のみ歯の内部に薬剤をいれ、光を照射してホワイトニングして、終われば薬剤を取り除き帰宅してもらえます。

個人差はありますが、5回から10回程度で効果がみられます。
通常のホワイトニングと異なり、1歯単位で施術します。

ホワイトニングが終了後、歯の裏側は「コンポジットレジン」という樹脂の白い詰め物を詰め完了です。



ご予約はこちら 初診の方はこちら 通院中の方はこちら 予約受付について