白い歯を維持するには

1. 定期的なホワイトニングホワイトニングを受けられて放置すると、着色や色戻りによる変色のリスクが高くなります。

ホワイトニング効果は永久ではありません。ご自分のカスタムトレーを使い、定期的にホームホワイトニングをされることにより色戻りをかなり防ぐことができます。

一度「ダブルホワイトニング」を受けられている場合、3ヶ月から6ヶ月ごとに定期検診を受け、クリーニング後数日ホームホワイトニングをされるのがお勧めです。
「タッチアップ」という方法です。施術のタイミングは個人差もあります。

医院でも色の確認をいたしております。患者様とご相談の上、ジェルを購入していただき、ホームホワイトニングを施術してもらいます。

ジェルは冷蔵庫で保管されれば、開封後1年半は使用可能です。
ジェルの中で気泡が動く、シャバシャバした感じの「離水状態」になると効果が期待できません。その場合は、新しいジェルをお使いください。

2. クリーニングをしてもらうクリーニングとは歯の表面に付着したステインや汚れを歯科専用の機器で落とします。
エアフローも使用する場合もあります。

「エナメルトリートメント」の薬剤を使用すると、着色しづらい状態をつくることができます。ホワイトニング後のケアとしてお勧めです。

3. 歯磨き剤を選ぶ歯磨き剤の成分に含まれる研磨剤には注意が必要です。タバコのヤニなどを取れると表記した研磨剤の硬さ、粒子の大きさにより歯の表面を傷つけたり、その小さな傷に着色が入る可能性もあります。

着色成分の付着を防止する添加剤の含まれた歯磨き剤がありますので、そちらをお勧めしております。

4. 着色しやすい飲食物を控える歯を白くキープするためには、着色しやすい飲食物を控えることが大切です。
摂取した場合、短時間内にステインを落とす歯磨き剤でブラッシングされると良いでしょう。無理な場合は、早めに水できつめにブクブクうがいしてください。

喫煙、コーヒー、赤ワイン、カレー、チョコレート、色の濃い果物、野菜などがあげられます。

ご予約はこちら 初診の方はこちら 通院中の方はこちら 予約受付について